ピアノは何歳から習わせたら良いの?

こどもピアノレッスン

しかし現実的には同じ4歳のお子様でも一昔前とは
ずいぶんと変化してきています。

世の中が便利になり、蛇口をひねらなくてもレバーを倒すだけで
或いは手をかざすだけでもお水が出てきたり、
ドアノブを回さなくてもドアが開閉できたり・・・
それがいけないとは思いません。
むしろ素晴らしい進歩かと思いますが、普段の生活が楽になった分、
手先が不器用なお子様が多くなってきています。

ではどうすればいいのでしょうか?簡単です ☆
4歳より前に指先を使う活動をお家でやったり
レッスンで習うと良いのです。

それをピアノワール音楽教室で習うと具体的には

  • 「指先を使うゲーム」ピアノを弾く時に最も重要な第1関節に特化して
    取り組みます。
  • 「リズムトレーニング」音楽には欠かせないリズム感を養います。
  • 「歌唱」歌うことで季節を感じたり、音楽と仲良くなったり、
    歌心を育てます。
  • 「正しいフォームを作る」スポーツと同じように楽器の演奏にも
    正しいフォーム作りは欠かせません。ピアノに触れる前の段階から
    遊びながら楽しくピアノのフォーム(手の形・姿勢)を作っていきます。
  • 「数字・ひらがなトレーニング」学習に欠かせない文字の読み書きも
    練習します。特に数字はピアノの指番号の学習には欠かせません。
  • 「季節のお製作」イメージや表現を可視化すると同時に指先を動かす
    トレーニングにもなります。

3歳からこのような「プレピアノ」レッスンを始めると4歳からの
ピアノレッスンにスムーズに移行できます。順調に進むと1年も経たないうちに
4歳になる前にピアノレッスンを始められるお子様がほとんどです。

4歳になって手が大きくなり背も伸びてきたのに指先が動かない・先生のお話が聞けない・集中できない等の原因でピアノのレッスンが全く進めない
なんていうことは無くなりますよ。

そしてさらにもっと早く・・・2歳からレッスンを始めると効果は倍増します!
2歳から始められる【ピアノdeクボタメソッド】はワーキングメモリを鍛えて
頭のいい子に育ちます。ピアノワール音楽教室は【ピアノdeクボタメソッド】の
認定校で茅ケ崎市では唯一のお教室です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA