幼児さんのレッスンに季節のお製作を取り入れています

こどもピアノレッスン

今日はひなまつりですね!
当スクール 「季節のお製作」3月はおひなさんがテーマです。
ちょっと大作なのでレッスン時間を占有しない様に先月末から少しずつ取り組んでいます!

お雛様のお顔の形!!これは試行錯誤しました実際に幼児さんが自分で目や口を描くときに後に重要になるはずなので。

切った後にもやっぱりこうかしら…とまだまだ試行錯誤は続くのですよ(^◇^;)

やっと理想の形ができて

量産!!今でもなお、絶賛量産中!
周期的に現在レッスン生は中高生が多く幼児さんの割合が少ない中なぜそんなに「顔」がたくさん必要なのか…
理由はこの後、分かりますよ(^。^)

こちらが完成したおもしろすぎるおひな様です

こちらが↑完成したおもしろ過ぎるおひな様です。

このように差し替えをたくさん作りました!
泣いてるお顔&茶髪にピアス今風の女の子♡
叫び!!
バカ殿!!

お顔を描くのはお子様です^^

泣いてるお顔や笑ってるお顔・・・どんな風に描いたら良いのか試行錯誤しますし、そのような作業で表現が可視化できます。季節の行事や風景を見える形で表現することにより日本の文化を味わい優しい心を育みます。音楽表現は目に見えませんがお製作によりピアノ演奏につながる表現力が身につくと考えております。また、指先をたくさん使いますので指のトレーニングにもなります。

動画でもさらに詳しくお伝えしております。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA